ファイナンシャルプランナーがあなたの味方になる

家計管理で安心の人生設計

1時間当たりの相談料

ウーマン

アメリカでは弁護士や会計士と同じく活用されているのがファイナンシャルプランナーです。家計管理や不動産管理、保険の見直しや相続相談など金融に関するアドバイスを行うのがファイナンシャルプランナーの仕事です。日本でも高齢化社会に向かって資産管理や運用について真剣に考える風潮が出来上がりつつあるのです。初めてファイナンシャルプランナーに依頼する時は、資格を持っているかどうかのチェックをする必要があります。例えば横浜の住人がファイナンシャルプランナーを依頼する時は、地域のファイナンシャルプランナー協会に登録されているかどうかが重要です。横浜にもファイナンシャルプランナーはたくさんありますから、まず協会に登録されている資格があるかどうかを確認します。横浜にも色々なファイナンシャルプランナーがあり、それぞれに相談料が違います。一般的には1時間あたりの相談料が決まっています。横浜など大都市の相場は5000円から1万円となっています。横浜以外の地方都市では5000円未満の所も多くなっています。1時間あたりなので、これ以上長い相談になると更に費用が追加されます。ファイナンシャルプランナーにも得意の分野があるので、相談する前に何をポイントにするかを決めておくことが大事です。ネット上には口コミや評価のサイトがあるので、それらを参考に選ぶと評判の良いプランナーを見つけることができます。もし迷った場合は横浜エリアの協会に相談して、推薦してもらうという方法もあります。

契約内容等を確認する

男女

生命保険には、大きく分けて終身保険と定期保険の二つがあります。終身保険は、保障が生涯にわたって継続される保険です。終身保険は、保険契約時の保険料を継続して支払うタイプと一定の年齢まで支払うタイプがあります。終身保険では、保険契約時の保険料を継続して支払うことになり、保険料が値上がりすることはありません。終身保険では、人生のライフステージに応じて、契約内容等を見直す必要があります。終身保険を解約した場合には、支払った保険料の一部が解約返戻金として返金される場合があります。定期保険は掛け捨て型の保険で、一定期間の保障を安い保険料で受けるものです。定期保険は安いコストで一定期間の保障を受けることができますが、加入時の年齢によって保険料が決まりますので、高齢になって定期保険に加入する場合には保険料が高くなる場合があります。横浜で生命保険に新たに加入したり保険の契約内容等を見直す場合には、横浜市のファイナンシャルプランナーに相談しながら保険の契約内容等を確認する必要があります。横浜市のファイナンシャルプランナーは、お金に関する相談の専門家です。経済の中心地である横浜市内では、大手の生命保険会社の支店が営業しており、ファイナンシャルプランナーの資格を持った社員が多数在籍しています。生命保険の契約を結ぶ際には、ファイナンシャルプランナーが十分相談にのってくれます。

問題解決が得意

説明

横浜でも多くの方が利用しているのが、ファイナンシャルプランナーの相談サービスです。ファイナンシャルプランナーに相談をする方のほとんどは、何らかの形でお金に関する悩みを抱えています。教育費や住宅ローンの問題は、家計に大きな影響を与えるだけに、ファイナンシャルプランナーの窓口は横浜でも頼りにされます。30代、40代の世帯が抱えているのが、住宅や子供の教育に関する出費です。購入した住宅のローンと子供の教育費は、このような世代にとっては由々しき問題となります。目減りする貯蓄に不安を覚え、横浜にあるようなファイナンシャルプランナーの事務所を訪れるケースも珍しくない状況です。一見解決が不可能に見える問題も、プロのファイナンシャルプランナーが介入することで、希望の光が見えてくることがあります。横浜の事務所では、ローンの借り換えや繰り上げ返済、各種保険の紹介などは、ファイナンシャルプランナーが得意とするサービスです。住宅ローンは、一般的に借入金が増えるほど利息がかさみます。このような利息は金融機関ごとに違うため、より利息の安いローンに借り換えをすることでトータルで支払う金額が減ります。一部を繰り上げ返済した場合も、やはり利息額に差が出てきますので、同じ金額を借り入れていても支払額を安くする方法は見つかります。変動金利のローンを利用している方は、特にプロに相談をして返済を進めるのが確かな方法です。ローンの見直しを相談するにも、ファイナンシャルプランナーは適任です。